端末内の画像やファイルを一括でSDカードの指定ディレクトリへ移動する方法【Android・要root】

Android端末の長所とも呼べる点であるSDカード。入れているだけで端末の容量が大幅に広がり
大変便利です。

Android6.0 が正式にリリースされてSDカードのあり方も今変わってきているかと思います。
なんでも SDカードをフォーマットして内部メモリーとして利用できるようになっているのだとか。

でもまだまだ海外版Xperia XPなどでバグが発生している報告が相次いでおり、ベータ版感が否めません。
昔、Android4.4 以降では一時SDカードへの書き込みが制限されるようになりましたが Android5.0 系では再び
SDカードへの正式な書き込みが復活。
しかし、この機能はアプリケーション毎にSDカードへの書き込みを許可する必要があり、
アプリによっては対応していたりいなかったりと、かなり不自由な点が多かったです。
少なくとも Android 4.4 以前のSDカードへの書き込みの自由さとは比較になりません。

と、いろいろと端末内に保存してしまったファイルをいちいちSDカードに移すのが面倒だったので、ここで root化端末 + ファイル整理くん(少し古いアプリですが全然使えます)
で端末内の画像やファイルを一括でSDカードの指定領域に書き込むということをやってみました。

作業フローは以下


1, 端末のroot化
2, /system/etc/permissions/platform.xml に SDカードへの書き込み権限を追加
3, 「ファイル整理くん」のインストール
4, 端末内の指定ディレクトリからSDカードの指定ディレクトリへファイルを移動する式を定義

 

1, 端末のroot化

端末の root化については端末毎に方法が異なるため、なんとかがんばってください。。
下記は端末が既に root 化してある前提で話を進めます。

 

2, /system/etc/permissions/platform.xml に SDカードへの書き込み権限を追加

端末からSDカードにファイルを書き込む権限を付与します。
これで Android4系でも Android5系でもアプリ等に縛られずに自由に書き込みができるようになります。

/system/etc/permissions/platform.xml を開いて『<group gid=”sdcard_rw” />』を
下記の位置に追記してあげます。ファイル中段あたりに該当の記述があります。

/system/etc/permissions/platform.xml


<permission name="android.permission.WRITE_EXTERNAL_STORAGE" >
    <group gid="media_rw" />
    <group gid="sdcard_r" />
    <group gid="sdcard_rw" />
</permission>

3, 「ファイル整理くん」のインストール

下記URLから「ファイル整理くん」をインストールしてください。
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.z589.foldersurveillance&hl=ja

 

4, 端末内の指定ディレクトリからSDカードの指定ディレクトリへファイルを移動する式を定義

Screenshot_2016-08-03-12-21-10
ファイル整理くんをひらくと↑のような画面が表示されます。
4つのタスクは僕が記述したもので最初は何も表示されていません。
「新規タスク」ボタンを押下して新しいタスクを追加してください。

 

Screenshot_2016-08-03-12-21-23
ここに端末内の指定ディレクトリ(ファイル)と、移動先のSDカードのディレクトリ(ファイル)を
指定します。僕の場合はTwitterで保存する萌イラストが多いので、これをSDカードに移動するため上記の様な設定としました。
ファイルフィルタには正規表現とパイプで拡張子の指定等も可能です。
移動先のディレクトリは予め作成しておいてあげる必要があります。

(例)    .*\.(jpg|jpeg|png|gif|)
と指定してあげるとディレクトリ内の画像ファイルのみ移動することが可能です。

 

Screenshot_2016-08-03-12-35-52
「実行」ボタンを押下してタスクが成功すると↑のようなログが表示されます。
ログにエラーなどなく正常に移動できていれば「保存」ボタンでタスクを保存します。

この流れで整理したいファイルのタスクを続けて記述してあげれば
SDカードの容量を効率よく利用することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です