LINEデータを簡単に移行&複数端末で使えるようにする方法【Android・要root】

少し前に、ベッキーとゲス乙女ボーカルの不倫で話題になりましたが(というかとばっちりを食らっていただけですが..)、LINEを複数端末で同時利用できるようにする方法です。

iOS の方は守備範囲外なので今回は割愛させて頂きます。下記はAndroidの場合の方法です。
導入してみると非常に便利です。というかとっととクラウド化してほしいです。LINE…

作業の流れです。
※ 文鎮化しても保証できないので、くれぐれも自己責任でおこなってください


	1, Android 端末で root 権限取得
	2, TitaniumBackUp (& TitanimuBackUp Pro )導入
	3, Android ID のバックアップ
	4, LINE のバックアップ(写真など外部データ含む)
	5, Android IDの復元(別端末)
	6, LINEの復元(別端末)

 

1, Android 端末で root 権限取得

おそらくここが最初にして一番厄介です。root 権限の取得方法は端末によって異なるので
ここでは説明しづらいですが頑張ってください。。
メジャーな端末だと root 権限を付与するツールが端末にあわせて出回っていたりするのですが
マイナーな端末だと kingroot とかを使って root 権限を取得した後に SuperSU を焼きなおすしかないかと思います。

 

2, TitaniumBackUp & TitanimuBackUp Pro 導入

アプリの全データをバックアップするために
こちら↓から TitaniumBackUp をインストールして下さい。
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.keramidas.TitaniumBackup&hl=ja

アプリ単体のバックアップのみであれば、無料版のみで構わないのですが
LINEを複数端末で利用可能にするためには、TitanimuBackUp の Pro版(有料版)を使う必要があります。
Pro版だと 端末固有に設定されている Android ID の抽出&変更も可能になるため、LINEを複数端末で同時利用できるようになります。
LINEのデータ移行のみで、複数端末で同時利用する必要はないよという方はインストールの必要はありません。

TitaniumBackUp Pro key はこちら↓からインストールしてください。
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.keramidas.TitaniumBackupPro&hl=ja

 

3, Android ID のバックアップ

LINEのデータ移行のみで、複数端末で同時利用する必要はないよという方は、上と同じくこの手順はスキップしてください。

LINEが元々複数端末で利用できないのは、このAndroid IDを見て同じ端末か新しい端末か判別しているからのようです。
サーバへの負荷削減の為、セキュリティを担保する為、など理由は考えられますがこのIDを現在利用中の端末と同じに
してしまえば複数端末の同時利用が可能になります。

まずインストールしたTitaniumBackUpを開きます。

screenshot_2016-08-02-11-44-26_com.keramidas.titaniumbackup.png
警告文が表示されますが無視してOKで大丈夫です。

 

screenshot_2016-08-02-11-45-02_com.keramidas.titaniumbackup.png
すると『概要』タブが表示されるので真ん中の『バックアップ/復元』タブへ移動します

 

screenshot_2016-08-02-12-35-53_com.keramidas.titaniumbackup.png
下の方に Setting Storage(ストレージの設定と表示されている場合もあり)があるのでタップ

 

screenshot_2016-08-02-12-33-17_com.keramidas.titaniumbackup.png
バックアップを実行します

 

次にバックアップしたファイルを確認するため ESファイルエクスプローラ(他のファイルブラウザでもOK)を↓からダウンロードしてください。
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.estrongs.android.pop&hl=ja

 

screenshot_2016-08-02-11-55-50_com.estrongs.android.pop_.png
インスト-ルしたESファイルエクスプローラを開いてホームディレクトリに移動すると『TitaniumBackup』のフォルダがあるので選択してください。
中に『com.android.providers.settings』と名のつくファイルが3つあればAndroidIDのバックアップが成功しています。

 

4, LINE のバックアップ(写真など外部データ含む)

3, の手順と流れは大体おなじです。

 

screenshot_2016-08-02-11-45-02_com.keramidas.titaniumbackup.png
TitanimuBackUpを開いて、LINEに保存されている画像もバックアップして移行したい場合は
右上のメニューを選択します。
下記の手順で『アプリの外部データの復元』をオンにしておかないと、LINEでやり取りした単発の画像(保存期限までに開いたもの)はバックアップされませんので注意してください。アルバムはまた別で、デフォルトで引き継がれるようになっています。

 

screenshot_2016-08-02-12-09-03_com.keramidas.titaniumbackup.png
メニュー一覧が開くので『環境設定』をタップ

(画像 - アプリの外部データを復元)
真ん中下段あたり、『復元設定 -> アプリの外部データを復元する』にチェックを入れます。
これで、LINEでやりとりした単発の画像もバックアップされるようになります。

メニューからもどり、3,と同じく『バックアップ/復元』タブをひらきます。

 

screenshot_2016-08-02-12-11-14_com.keramidas.titaniumbackup.png
LINEを選択します。

 

screenshot_2016-08-02-12-12-29_com.keramidas.titaniumbackup.png
バックアップを選択します。

 

トーク履歴と画像データがバックアップされるので、少し時間がかかりますが気長に待ちます。

完了したら、ESファイルエクスプローラーで先と同じTitanimuBackupフォルダを開きます。
『jp.naver.line』と名のつくファイルが3つ見つかればLINEのバックアップが成功しています。

 

5, Android ID, LINEの復元(別端末)

手順3,4, でバックアップしたファイル(計6ファイル)を別端末へ移行します。
別端末でも予め、TitaniumBackupをインストールしておきます。(同一のGoogle Accoutでログインしていれば、有料アプリを再度購入する必要はありません)。
そしてバックアップしたファイルを別端末のTitaniumBackupフォルダへ移動させておきます。

 

screenshot_2016-08-02-11-45-02_com.keramidas.titaniumbackup.png
別端末で TitaniumBackup を開きます。

 

screenshot_2016-08-02-12-35-57_com.keramidas.titaniumbackup.png
右上のメニューを開き下部の『Android IDの管理』を選択してください

 

screenshot_2016-08-02-12-37-08_com.keramidas.titaniumbackup
すると、現在のAndroid IDが表示され、その下に『バックアップからAndroid IDの復元』ボタンが表示されるので、こちらを選択してください。
バックアップ後のAndroidIDの確認画面が表示され、『はい』を選択。選択後に端末は自動で再起動されます。

AndroidID復元後、再度Titanimu Backupを開くと警告文が表示されますが
『無視して新しいIDを維持』を選択してください。

 

6, LINEの復元(別端末)

続いてLINEの復元に入ります。
手順5で Android ID の復元が完了しているので、この状態でLINEを復元すれば
旧端末でも新端末でもLINEの利用が可能になります。

 

screenshot_2016-08-02-12-11-14_com.keramidas.titaniumbackup.png
TitanimuBackupから『バックアップ/復元』タブへ移動、LINEを選択します。

 

screenshot_2016-08-02-12-12-29_com.keramidas.titaniumbackup.png
LINEの復元をタップし、復元するデータは『アプリ + データ』を選択します。

少しまって復元が完了すればLINEの全データが移行された上、旧端末&新端末で同時利用が可能となっています。
お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です